FC2ブログ

朝日杯 うまのり結果

<うまのり結果>
1着アルフレード △
2着マイネルロブスト 無印
3着レオアクティブ 無印

◎サドンストーム 6着
△ローレルブレット 9着
△クラレント 7着
△トウケイヘイロー 4着
△ハクサンムーン 16着
△ダローネガ 5着

残念でした><

<レース展開と配当>
1番人気のウィリアムズ騎乗アルフレード(牡、手塚)が好位追走から最後の直線で内から抜け出し、1分33秒4のタイレコードで快勝。新馬戦、きんもくせい特別に続いて3戦3勝で2歳王者に輝いた。管理する手塚貴久師(47)は中央G1初勝利となった。2着はマイネルロブスト、3着はレオアクティブ。
 レースはハクサンムーンがハナを切り、直後にニンジャ、内の3番手にアルフレードがつけた。5ハロン57秒8の速い流れで、3コーナーで外からトウケイヘイローがまくり気味に仕掛けると直線のたたき合いに。直線入り口で最内をスルスルと抜けたアルフレードは鞍上が追い出すと一気に後続を離し、危なげなく先頭でゴール。馬群を縫ったロブストが2馬身差で入り、外から追い込んだレオアクティブがトウケイヘイローをかわして3着にくい込んだ。
 ウィリアムズ騎手は「中山コースは内外で有利不利があるので、3番枠と聞いてラッキーだと思った。厩舎関係者が期待している馬なので自信を持って乗った。これからが楽しみ。ダービーを勝てる潜在能力を感じた。ぜひ乗りに来たい」と笑顔で話した。
 待ちに待ったG1初勝利に手塚師は「うれしいのひと言。しばらくは余韻に浸りたい」と感激もひとしお。ウィリアムズ騎手の手綱さばきを「枠順を生かした完璧な騎乗」とほめ称えた。「大型馬で入厩したときは時間がかかると思ったが、体が大きくなるとともに精神面も人間に従順になって扱いやすい。まだ完成しているわけではないので、この先さらに成長してくれると思う」と来年のクラシックに向けてパワーアップを期待していた。524キロの大型馬の朝日杯FS優勝は歴代最高体重だった。
 2歳牡馬戦線は西高東低で出走16頭のうち関東馬はわずか3頭だったが、その3頭でワンツースリーを決めた。
 馬連(3)(4)は1520円、馬単(3)(4)は2180円、3連複(3)(4)(15)は8540円、3連単(3)(4)(15)は3万630円。

<レース後コメント>
1着 アルフレード C.ウィリアムズ騎手
「中山のマイル戦でしたから、3番枠が当たったところでラッキーだと思いましたし、レース前にこの馬のDVDを見て素晴らしい末脚だと感じていました。この馬について松岡騎手との話をしていましたし、レースでも素晴らしい末脚を使ってくれました。距離も大丈夫だと思いますし、このまま無事に行って欲しいですね

2着 マイネルロブスト 蛯名正義騎手
「勝ち馬を見ながらのレースとなりましたが、レース運びは理想的でした。この馬も伸びてはいますが、勝った馬はもっと伸びていました。道中行きたがるような面が解消してくればもっとやれると思います

3着 レオアクティブ 杉浦宏昭調教師
「うまく我慢させて、最高にうまく乗ってくれたと思います。終いが鈍くなってしまったのは距離が少し長かったからかもしれません。ただ、今後の見通しが立つ競馬だったと思います」

4着 トウケイヘイロー 後藤浩輝騎手
「向正面まではよかったのですが、カベがなくなった途端にハミを噛んでしまいました。それさえなければもっと際どい競馬になったと思います。状態はよかったです」

5着 ダローネガ 佐藤哲三騎手
「今日はGIということでテンションが上がっていましたが、もともとそういうところのある馬なので、気にするほどではありませんでした。なだめながら乗りましたが、最後は集中力が途切れてしまいました。悲観するような内容ではありません」

6着 サドンストーム 勝浦正樹騎手
「落ち着きがあって良い雰囲気でした。終いは伸びましたし、モタれる面も見せませんでしたが、今日は自分のリズムで走れませんでした

7着 クラレント 小牧太騎手
「ちょっと出負けしてしまいました。中団につけたいと思っていたのですが……。結果を見ると、上位の馬とはやはり枠の差があったのかもしれません」

8着 ジョウノバッカス 戸崎騎手 
「ゲートで遅れて勢いがつかなかった。でも道中の反応は悪くなかったし芝も問題ない。」

9着 ローレルブレット 池添謙一騎手
包まれてしまって、最後の150mぐらいしか脚を使えませんでした。スムーズならもっと際どい勝負ができたはずです」

10着 ネオヴァンクル 浜中騎手 
「好位でレースができたが坂で止まってしまった。やっぱり距離が影響したのかな。」

11着 ショウナンラムジ 岩田康誠騎手
「能力のある馬ですし、もっと走れていいはずですが、いかんせん馬がまだ若いですね」

12着 スノードン 北村友騎手 
「もともと大跳びの馬でスタートのタイミングが合わなかった。外々を回ることになってしまったからね。」

13着 マコトリヴァーサル I.メンディザバル騎手
「5、6番手でレースをしたかったのですが、リラックスできていなかったので手綱を緩めたら前に行きました。最後は伸びを欠きました。極端なレースをしたほうが良いのかもしれません」

14着 ヒシワイルド ルメール騎手 
「パドックはチャカチャカしていたがレースでは落ち着いていた。でも勝負どころでは反応がなかったね。」

15着 ニンジャ 藤岡佑騎手 
「能力は引けを取らないと思うが道中は窮屈になってしまった。」

16着 ハクサンムーン 田中勝騎手 
「初めて乗せてもらったが、いい素質はありそう。ただ、今回はキャリアの浅さが影響した。」

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

うまのり万馬券

愛するお酒2013.3.27ちょい変更:
最近は日本酒にはまってます!
日本酒好きな方、よろしくどーぞ^^
◎日本酒(特に一本義久保本店の伝心(純米酒)は最高!
○スコッチウィスキー
▲ウォッカ!

出身校:
馬鹿田大学 馬工学部 
JRA経営学科卒業

好きな馬:
◎エフティマイア
○トウカイテイオー
▲ミホノブルボン

我が心の師匠:
アントニオ猪木

好きな言葉:
・勇気をもって挑戦しろ!
・熱いハートを常に持て!
・品質管理、むだらりの法則、
 PDCAサイクル 戦略、行動、反省、再行動!
(Plan Do Check Action!)
・人生1回きり、悔いのないように生きろ!
・モノは考えよう、常に楽観的になれ!