FC2ブログ

アメリカジョッキークラブカップ 回顧

本命のトーセンジョーダンが1着になるも、ミヤビランベリを無印で惨敗でした。 ミヤビランベリはここぞというときにいつも来ますね。馬券は残念でしたが、 トーセンジョーダンが力強い走りで感動しました。 それでは、レース後のジョッキーコメントをどうぞ↓ (ラジオNIKKEIより以下) 1着 トーセンジョーダン(内田博騎手) 「このメンバーでは負けられないなと思っていましたし、馬の力を、強さを出して行こうと思っていました。すごく乗りやすい馬で、どの位置からでも競馬が出来ます。ペースは遅かったのですが、馬を信じて乗りました」 (池江泰寿調教師) 「強い競馬でした。有馬記念を使って体調もアップしていました。今日はマイナス6キロ、腹回りもスッキリして走れる体でした。ツメが安定してきたことでレースも使い込めるようになり、秘めていた能力を出せるようになりました。天皇賞(春)を目標に、あと1回(日経賞か阪神大賞典)使うことになります。楽しみが出てきました。ドリームジャーニーも3月から始動出来そうです。天皇賞(春)では2頭が激突することになります」 2着 ミヤビランベリ(吉田隼騎手) 「自分の形に持ち込めました。よく食らいついていますし、いい競馬が出来ました」 3着 ネヴァブション(後藤騎手) 「最後は苦しみながらも地力で来てくれました。この後は心身ともに疲れを取ってリフレッシュ出来ればと思います」 4着 コスモファントム(松岡騎手) 「ペースが遅い中、いい位置につけましたし、直線も前が空いて、金杯と同じ競馬をして負けました。距離が長いとは思いませんし、外回りより内回りの小回りコースの方がいいのだと思います」 6着 マルカボルト(福永騎手) 「動きたくないところで動かざるを得なくなり、厳しい展開でした。それでもそんなに止まっていませんし、自分の形に持ち込めれば強い馬ですから、この経験が生きると思います」 (日刊スポーツより以下) <ダイワジャンヌ=5着>的場騎手 3、4角も絶好の手応えで回った。牡馬相手にこれだけ走れるのだから先々が楽しみですね。  <マルカボルト=6着>福永騎手 いいペースで行けていたんだが、3番手に早めに来られた。動きたくないところで動かざるを得なかったからね。  <シャインモーメント=7着>蛯名騎手 勝負どころでモタついた。その後はバテず、伸びずで。  <アサティスボーイ=8着>江田照騎手 外枠がきつかったね。それでもペースが上がった時にはついて行けたから頑張っている。  <ダンスインザモア=9着>丸田騎手 追い込み一手のタイプだから流れに左右される。それでもラストはいい脚を使っていた。  <ピサノエミレーツ=10着>三浦騎手 一気にペースが上がるようなレースは向いていない。久々の芝でもいい感じで走れました。  <サンライズベガ=11着>ベリー騎手 急にペースが上がったところでついて行けなかった。久々の影響もあるのかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

うまのり万馬券

愛するお酒2013.3.27ちょい変更:
最近は日本酒にはまってます!
日本酒好きな方、よろしくどーぞ^^
◎日本酒(特に一本義久保本店の伝心(純米酒)は最高!
○スコッチウィスキー
▲ウォッカ!

出身校:
馬鹿田大学 馬工学部 
JRA経営学科卒業

好きな馬:
◎エフティマイア
○トウカイテイオー
▲ミホノブルボン

我が心の師匠:
アントニオ猪木

好きな言葉:
・勇気をもって挑戦しろ!
・熱いハートを常に持て!
・品質管理、むだらりの法則、
 PDCAサイクル 戦略、行動、反省、再行動!
(Plan Do Check Action!)
・人生1回きり、悔いのないように生きろ!
・モノは考えよう、常に楽観的になれ!