FC2ブログ

札幌記念 回顧

やはり、トーセンジョーダンは強かった。
ようやく、本格化したかんじです。
これで秋以降のG1戦線が楽しみになってきました。
期待していたカリバーンは4コーナーでいい手ごたえできたのですが、
最後はやはり力つきました。それでも見せ場はつくれたのではないでしょうか。
次回が楽しみです。

<うまのり結果>
1着13トーセンジョーダン ×
2着2アクシオン 無印
3着8レッドディザイア ○
◎4カリバーン 5着
▲6キングトップガン 12着
△3ヤングアットハート 10着

<レース展開と配当>
1番人気のトーセンジョーダン(牡5、池江)が好位から直線でしぶとく脚を伸ばし、先に抜け出していたアクシオンをゴール前で鼻差かわして勝利した。初コンビで見事に結果を出した福永騎手は「初めての騎乗で手探りの部分があったが実績は上。休み明けでも能力で克服してくれた。最後は地力の違いというか、抜かせないようなオーラがあった」と馬をたたえた。宝塚記念9着からの変わり身で、重賞は10年アルゼンチン共和国杯(G2)、11年AJCC(G2)に続く3勝目。3着には8カ月ぶりで挑んだレッドディザイアが入った。
 馬連(2)(13)1580円、馬単(13)(2)2560円、3連複(2)(8)(13)3590円、3連単(13)(2)(8)1万8510円。

<レース後コメント>
1着 トーセンジョーダン 福永祐一騎手
「初めての騎乗ということで、手探り状態でした。ペースが遅ければ逃げてもいいと思っていましたが、久々のせいか出脚がつきませんでした。手応えはあまりよくありませんでしたが、地力の差で何とかしてくれました。秋に向けていいステップになったと思います

2着 アクシオン 吉田隼人騎手
「理想の位置がとれましたし、手応えも抜群でした。一旦先頭に立って夢を見ましたが、今日は勝った馬が強かったですね」

3着 レッドディザイア 四位洋文騎手
「結果は3着ですが、さすがというところは見せてくれました。馬がエキサイトしていたので、あえてじっくり後方から行きました。道中は落ち着いて走っていましたし、さすがの脚で上がって行けました。本当ならあれで押し切るくらいなのでしょうが、久々でしたし、合格点はあげられます。今後が楽しみになりました

4着 コスモネモシン 津村明秀騎手
「直線まで落ち着いた流れの中、何とかなだめて乗りました。最後はいい脚を使ってくれましたし、この相手によくがんばっています」

5着 カリバーン 蛯名正義騎手
「いい競馬ができました。4コーナーでは一瞬やったと思いました。久々で連勝時のデキにはありませんでしたし、洋芝よりも軽い芝の方がいいタイプですが、初めての重賞挑戦の割にはよくがんばっていると思います

6着 ネオヴァンドーム 浜中俊騎手
「洋芝にも対応して、よくがんばってくれました」

7着 マイネルスターリー 丹内騎手 
「いい位置で競馬はできたけど、伸びそうで伸びなかった。」

8着 アルトップラン 藤岡佑騎手 
「久々に乗ったが馬は良くなっていた。芝でもやれそうな感じ。」

9着 ダンスインザモア 丸田騎手 
「勝負どころの3、4角でもたれてしょうがなかった。スムーズに上がって行ければ違ったんだが…。」

10着 ヤングアットハート 藤田騎手 
「ずっと追い通しだった。オープンに入ると距離はもう少しあった方がいい。」

11着 マカニビスティー 池添騎手 
「3角で動いたけど前と同じ脚色になってしまった。」

12着 キングトップガン 
鮫島師「気負って走っていた」
横山典騎手「どんな競馬もできる馬。良く走ってくれている」

13着 モエレエターナル 古川騎手 
「久々の分もあった。芝でもやれそう。」

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

うまのり万馬券

愛するお酒2013.3.27ちょい変更:
最近は日本酒にはまってます!
日本酒好きな方、よろしくどーぞ^^
◎日本酒(特に一本義久保本店の伝心(純米酒)は最高!
○スコッチウィスキー
▲ウォッカ!

出身校:
馬鹿田大学 馬工学部 
JRA経営学科卒業

好きな馬:
◎エフティマイア
○トウカイテイオー
▲ミホノブルボン

我が心の師匠:
アントニオ猪木

好きな言葉:
・勇気をもって挑戦しろ!
・熱いハートを常に持て!
・品質管理、むだらりの法則、
 PDCAサイクル 戦略、行動、反省、再行動!
(Plan Do Check Action!)
・人生1回きり、悔いのないように生きろ!
・モノは考えよう、常に楽観的になれ!