競馬歴23年! 普通の買い目では到底勝てない! 独自うまのり指数を解析! 統計学を応用し、オカルト、暦、馬の枠数、馬番、2011年後半からはオッズを基に画期的かつ新しい競馬予想で万馬券を狙う!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

クイーンステークス2012 うまのり結果

<うまのり結果>
1着 8アイムユアーズ ◎(1番人気)
2着14ラブフール x(10番人気)
3着10ミッドサマーフェア ▲(4番人気)

x 4アニメイトバイオ 12着(11番人気)
x 5コスモネモシン 14着(6番人気)
x 6フミノイマージン 8着(5番人気)
x11シースナイプ 10着(7番人気)

ということで、ラブフールが2着、ミッドサマーフェアが3着にはいり、
馬連、3連複万馬券的中^^
池添騎手、よくやってくれました!アイムユアーズ、これは強かった!

クイーンステークス2012 馬連的中馬券
クイーンステークス2012 3連複的中馬券

<<うまのりデータ検証>>
<好調馬番>
 4アニメイトバイオ 12着

<好調枠番>
6枠
 9レジェンドブルー 11着
10ミッドサマーフェア 3着

5枠
 7モーニングフェイス 6着
 8アイムユアーズ 1着

<不調枠番>
7枠
11シースナイプ 10着
12ナムラボルテージ 9着

1枠
 1エリンコート 7着
 2オールザットジャズ 5着

4枠から1着はなし!
 5コスモネモシン 14着
 6フミノイマージン 8着

<人気>
1>2>3>7>6,5>10,8>11,4>12,9・・・

1番人気から3番人気までは優秀で、どれがきてもおかしくありません。
波乱要素としては、5番人気から10番人気までほぼ横一線で、なにがきてもおかしくありません。4番人気と9番人気が不調のようです!

今回は12年周期による、
馬番3,4,12
枠番3,4,
人気,2,7
を狙ってみたいです!

また、穴としては、サンデー系列、フジキセキ産駒、G3での実績、1800m対応5歳牝馬
2、3ヶ月休養明け、福島牝馬ステークスの凡走などに注目したいです!


ということで、穴馬のラブフールがまさに上記穴馬条件に合致したかんじでした!

<レース展開と配当>
1番人気の3歳馬アイムユアーズ(手塚)が52キロの軽量を生かして好位から抜け出し、ファンタジーS、フィリーズレビューに続く重賞3勝目を挙げた。初コンビで見事に期待に応えた池添謙一騎手(33)は「結果も内容も良かった。やはり春G1でずっと惜しい競馬をしていただけのことはある」と感心していた。
 最後方に待機していた10番人気の伏兵ラブフールが直線外から鋭く伸びて2着。3着にはミッドサマーフェアが入った。
 馬連(8)(14)5070円、馬単(8)(14)7900円、3連複(8)(10)(14)1万3000円、3連単(8)(14)(10)7万7140円。

<レース後コメント>
1着 アイムユアーズ 池添謙一騎手
「今日は大一番に向けて、結果だけでなく内容も問われるレースだと思っていました。初めて乗りましたが、乗りやすく、中団で馬の後ろにつけて、あとは仕掛けるタイミングだけだと思いながら乗っていました。最後は抜け出すのが少し早いかなと思いましたが、何とかしのいでくれました。やはり力のある馬ですね。クラシックは惜しい結果に終わりましたが、秋の2冠馬との対戦に向けて順調にいって欲しいです

手塚貴久調教師のコメント
「+24キロの体重で、もちろん成長分もありますが、少し余裕のある体でした。それでも勝ちにいって、勝ち切ったことは大いに意味があります。今日はゲートをうまく出て、ジョッキーもうまく乗ってくれました。間隔をあけた方がいい馬なので、トライアルは使わず、このあとは秋華賞へ直行します。春はジェンティルドンナに完敗でしたが、これで挑戦状を出すことができたと思っています」

2着 ラブフール 丸田騎手
「腹をくくっていくしかないと思った。最後は本当にいい脚を使ってくれたので勝ちたかった」

3着 ミッドサマーフェア 蛯名騎手
「さすがというところは見せてくれた。余裕を持って本番に行ける」

4着 レインボーダリア 木幡騎手 
「もう少し前で競馬がしたかったが、外枠だったからあの位置になった。最後は脚を使ってくれているので枠順の差が出た。」

5着 オールザットジャズ 藤岡佑介騎手
「内枠で狭いところでしたが、スムーズに行けました。直線に向いたときには突き抜けるかとも思いましたが、間隔があいていたこともあり、伸びあぐねました。一度叩いて、状態も上向くと思います」

6着 モーニングフェイス 三浦騎手 
「結果的に言えば、もっとじっとしていた方が良かったかも。それでもここまで来ているんだから馬は頑張っている。」

7着 エリンコート 笹田師 
「馬は落ち着いていた。3コーナー手前までは来そうな感じだった。最後は伸び切れなかったが、復調の兆しは見て取れた。」

8着 フミノイマージン 本田師 
「重量は気にしていなかったが、今日は悪いところに悪いところに入ってしまった。競馬をしていないので力負けではない。」

9着 ナムラボルテージ 古川騎手 
「早めに行ってどこまで辛抱してくれるかだったが、最後は決め手の差が出た。」

10着 シースナイプ 丹内騎手 
「行けなかった。この馬の競馬ができなかった。」

11着 レジェンドブルー 宮崎騎手 
「いいペースで引っ張れたし、この馬の競馬はできた。最後は切れ味の差。」

12着 アニメイトバイオ 丸山騎手 
折り合いはついたし、4コーナーまで完璧なレースだったが、前があかなかった。」

13着 ピュアプリーゼ 秋山騎手 
「返し馬の感じも良かったし、覇気が出てきていた。いい方向に行っていると思います。」

14着 コスモネモシン 柴田大知騎手
「何もしなくてもスーッと前に出て行ったので、あの位置で競馬をしました。道中は折り合いもついて、スムーズに行けました。しかし、仕掛けたら反応がありませんでした。+20キロということもあったのでしょうか……」

 
[ 2012/07/30 09:26 ] 万馬券的中! | TB(1) | CM(0)

七夕賞2012 うまのり結果

<うまのり結果>
1着 6アスカクリチャン x
2着 5トーセンラー △
3着 7ミキノバンジョー △

◎10タッチミーノット 12着
▲12エクスペディション 8着
x 1ゲシュタルト 7着

◎、▲は凡走でしたが、3連複フォメで的中!
これは本当にラッキーでした。
それでも3着に粘ったミキノバンジョー、ありがとう!太宰騎手ありがとう、感謝!
太宰騎手のコメントでは道中で左前脚の落鉄があったようです。
それでもよくがんばってくれました。

トーセンラーのあの鬼の末脚も大爆発でした。久々に興奮しました!

アスカクリチャンの1着にはびっくりしましたが、さすが内田騎手!
よくやってくれました。

<<うまのりデータ検証>>
<好調馬番>
 7ミキノバンジョー 太宰騎手 3着 
 8アニメイトバイオ 江田騎手 11着
 9シンゲン 田辺裕騎手 14着
10タッチミーノット 横山典騎手 12着

<好調枠番>
7枠
13サンライズベガ 松岡騎手 16着
14スマートステージ 中舘騎手 15着

<不調枠番>
2枠
 3ダイワファルコン 北村宏騎手 9着
 4イケドラゴン 柴田大騎手 10着

3枠
 5トーセンラー 岩田騎手 2着
 6アスカクリチャン 内田騎手 1着


ということで、うまのりデータの更新時に
3枠のトーセンラーとアスカクリチャンに
赤字印を打ちましたが、
なんときちゃいました!


七夕賞2012的中馬券

<レース展開と配当>
単勝14番人気のアスカクリチャン(牡5、須貝)が重賞初勝利を飾った。レースはミキノバンジョーが逃げ、ケイアイドウソジン、シンゲン、ゲシュタルトなどが追う展開。5番手に付けたアスカクリチャンは直線を向いてジワジワと脚を伸ばし、ミキノバンジョーをとらえると、トーセンラーの強襲をしのいで快勝した。内田騎手は「いい位置で走れたし、重量やスピードも生かせた。最後は残ってくれ、という気持ちだった。馬が頑張ってくれました」と話した。
 馬連(5)(6)は1万6450円、馬単(6)(5)は3万9270円、3連複(5)(6)(7)は6万7180円、3連単(6)(5)(7)は59万1030円。

<レース後コメント>
1着 アスカクリチャン 内田博幸騎手
いい位置で走れて斤量も重くなかったですし、マイルを使っているのでスピードも持っています。手応えもよく、直線に向いてからよく伸びてくれました。最後、いい脚で来た馬がいましたが、何とか残してくれと思いながら追っていましたが、馬がよくがんばってくれました」

須貝尚介調教師のコメント
「早くからこのレースを使うことを決めていました。心肺能力が高い馬なので、距離が長くなっても大丈夫だと考えていました。内田騎手は初めて乗るので、乗りやすい馬で、長くいい脚を使う馬だと伝えておいたのですが、うまく乗ってくれました

2着 トーセンラー 岩田康誠騎手
外へ出すタイミングが遅れてしまい、馬群の中に閉じ込められてから大外に出しました。せめてコースの真ん中ぐらいを通っていれば、と思います。馬の状態はすごくよかっただけに残念です」

3着 ミキノバンジョー 太宰啓介騎手
「楽にハナに立つことができて、道中もずっと楽に行けました。最後はギリギリまでがんばってくれましたが、道中で左前を落鉄していたのが残念です。それでも、どんな距離でもがんばってくれる馬です」

4着 ケイアイドウソジン 石橋脩騎手
「大外枠で2番手からの競馬でしたが、レースの流れにうまく乗って、楽に追走できました。直線に入ってからもう一回ハミを取ってくれたので、もしかしてと思ったぐらいです。やはり力はありますね」

5着 ニシノメイゲツ 田中勝春騎手
「うまく流れに乗っていけました。道中はジッとしていましたが、瞬発力がここでは少し足りないのでしょうか。ジリッぽい感じでした。競馬の形としては最高でした」
[ 2012/07/08 21:13 ] 万馬券的中! | TB(1) | CM(0)

有馬記念 うまのり結果

<うまのり結果>
1着オルフェーヴル △
2着エイシンフラッシュ ◎
3着トゥザグローリー △

△トーセンジョーダン 5着
△ブエナビスタ 7着

馬連、3連複万馬券的中、うれしいです^^
ブエナのラストランでしたが、本当にお疲れ様でした。
感動をありがとう!
しかし、オルフェーヴルは強かった!
あのディープインパクトでさえもなしえなかった(3冠時の有馬での2着(1着ハーツクライ))
ことを堂々と成し遂げたのですから、本当にすごいと思います。
来年からも楽しみになりました。
また、池添騎手、今年G1、6勝と当たり年でした。おめでとうございます!
お疲れ様です。

P1010760.jpg

P1010759.jpg


<レース展開と配当>
1番人気に支持されたオルフェーヴル(牡3、池江)が直線抜け出し、3冠馬の底力を見せつける快勝で頂点に立った。勝ちタイムは2分36秒0。3/4馬身差2着にエイシンフラッシュ、3着にトゥザグローリー。
 5ハロン63秒8のスローの流れに後ろから2番手に位置したオルフェ。鞍上の池添謙一騎手も「かなりスローできついなあ。前の流れだ」とやきもきしていた。3コーナー手前から徐々に流れが速くなると、外を回って進出。菊花賞をほうふつとさせる4コーナーを大外からまくり気味に加速すると、直線入り口では5、6番手まで押し上げた。「沈むような走りでハミを取って進んでいってくれた」と池添。ハナを切ったアーネストリー、2番手のトーセンジョーダンに外から並びかけると1完歩ずつ差を広げる。馬場の真ん中を割ったルメール騎乗エイシンフラッシュを一気にかわすと、外から迫るトゥザグローリーを寄せ付けず先頭でゴールに飛び込んだ。
 強い古馬勢をなぎ倒した池添はガッツポーズを何度も繰り返し、喜びを爆発させた。ウイニングランでスタンドに戻ると、11万5000人の大観衆の声援を愛馬と一緒に浴びた。「最後はねじ伏せるようになったね。強かったと思います。一走ごとに力を付けてくれた。ファン投票2位に支持されたので、強い姿を見せられてうれしい。応援してくれたファンの方には最高のクリスマスプレゼントになった。来年の凱旋門賞も楽しみになりました」と笑顔で話した。これで池添騎手は年間G1・6勝となり最多タイとなった。
 管理する池江泰寿師も「ウーン、素晴らしい馬ですね。レースが終わっても息が乱れない。これならドバイもなきにしもあらずです」と、オルフェのたくましさをあらためて知り、来年の海外遠征にドバイ挑戦のプランも浮上、オーナーサイドと今後話し合うことになった。
 また、引退レースとなったブエナビスタは道中3番手につけたが伸び切れず7着に終わった。岩田騎手は「道中かかったところもあって最後は伸びきれなかった」と残念そうだった。トーセンジョーダンは5着、ヴィクトワールピサは8着、アーネストリーは10着。
 払戻金は馬連(5)(9)は3170円、馬単(9)(5)は3650円、3連複(5)(7)(9)は2万4290円、3連単(9)(5)(7)は7万8260円。

<レース後コメント>
1着 オルフェーヴル(池添騎手)
強いのひと言です。引っ掛かってはいましたが、何とか我慢して向正面でうまく外に出すことが出来て、遅い流れの中で追い上げる時のスピードのノリは抜群でした。沈むような走りで捻じ伏せるようなレースをしてくれました。本当に強いレースでした」

2着 エイシンフラッシュ(ルメール騎手)
スローな流れの中でいい脚を使ってくれました。直線で先頭に立って1頭になった時に、一瞬止めるような形になったのが残念です」

3着 トゥザグローリー(福永騎手)
超スローな流れで、エイシンフラッシュの後ろで折り合いをつけるのに必死でした。それでも最後まで伸びてますし、力のある馬です

4着 ルーラーシップ(メンディザバル騎手)
「中団の前につけたかったのに後ろになってしまいましたが、馬をリラックスさせるために無理に押して行きませんでした。ポジションを上げるチャンスは何度かありましたが、手綱を押したらムキになりかけます。そしてオルフェーヴルが仕掛けた時にも置かれましたが、最後は差を詰めていますし、力は証明出来たと思います」

5着 トーセンジョーダン(ウィリアムズ騎手)
「JCと比べても状態は良かったです。すごいメンバーで、レースはスローになるのは分かっていましたが、ここまでとは思いませんでした。直線でも他馬に寄られて立て直すことになりました。それでも5着に来るんですから立派です」

7着 ブエナビスタ(松田博資調教師)
ペースが遅すぎて、内枠も災いしたようです

11着 ジャガーメイル(四位騎手)
「最後は切れる馬にやられました。オルフェーヴルが動く前に動くべきでした」

12着 ローズキングダム(後藤騎手)
「スタートはもっと出ると思った。行き脚がつかず、途中で掛かってしまった。」

13着 キングトップガン(柴田善騎手)
「ペースが遅すぎたね。」


[ 2011/12/26 10:43 ] 万馬券的中! | TB(1) | CM(2)

中日新聞杯 うまのり結果

<うまのり結果>
1着12コスモファントム◎
2着7ゲシュタルト△
3着13ダノンバラード△

△1サンライズベガ 15着
△8エーシンジーライン 5着
△16キタサンアミーゴ 10着
△18サンライズマックス 9着
押3エクスペディション 4着

コスモファントムがやってくれました!
3連複的中^^
大野騎手、7年目にして重賞初制覇、本当におめでとうございます!

中日新聞杯2011(3連複万馬券)

<レース展開と配当>
単勝11番人気のコスモファントム(牡4、宮)が、ゴール前の接戦を制し、今年の日刊スポーツ賞中山金杯以来重賞2勝目を飾った。道中は好位をうまく追走し、直線ではダノンバラード、ゲシュタルトとのたたき合いを首差制した。騎乗した大野拓弥騎手(25)も7年目でうれしい重賞初制覇となった。勝ちタイムは1分59秒6。
 2着はゲシュタルト、3着はダノンバラード。1番人気に推されたエクスペディションは4着に敗れた。
 馬連(7)(12)1万7240円、馬単(12)(7)は4万2750円、3連複(7)(12)(13)は1万7840円、3連単(12)(7)(13)は20万5710円。

<レース後コメント>
1着 コスモファントム(大野騎手)
「前々でスムースな競馬をして欲しい、という指示だったので、作戦通りに運べました。最後に叩き合いになった時には内外の2頭も盛り返して来ていましたし、凌いでくれ、と思いながら追っていました。背中のいい馬で、これからもっと良くなって来ると思いますし、僕自身もこの勝利(重賞初勝利)を今後の飛躍に繋げていきたいですね」

2着 ゲシュタルト(藤岡佑騎手)
「道中も手応え良く、じっくりと運べました。最後も交わせそうだったのですが、最後はジリジリとした伸び脚になってしまいました。小回りコースも合っていますし、もうひと押しだったのですが…」

3着 ダノンバラード(デムーロ騎手)
「スタート直後、少し掛かる面はありましたが、すぐにリラックスして走れました。3~4コーナーでは勝てると思えるほどいい手応えだったのですが、最後は急に疲れたような感じで止まってしまいました。もう少し仕掛けるのを待っても良かったですね。もしかしたら、距離が少し長かったかもしれません」

4着 エクスペディション(浜中騎手)
「馬場は気にしていませんでしたが、休み明けの分なのか、3コーナーから追っつけ通しでした。ただ、いきなりの重賞でこれだけやってくれましたし、力はあります」
[ 2011/12/11 21:14 ] 万馬券的中! | TB(0) | CM(2)

アイビスサマーダッシュ 万馬券的中

1着から4着まで印どおりで、めったにあたらない予想が
ここまであたって驚きです^^こんなときに限って、3連単買ってねーー。
しかし、久しぶりに、万馬券的中とうれしいものです^^
ブログを引越ししてからの万馬券的中も初となり、ほっとしました。
ただ、本命決着といえど、勝った、エーシンヴァーゴウをほめるべきでしょうが、
福永騎手はうまく脚をためながら、じわじわ外へ持ち出して、さすがにうまくさばきました。
3着には穴馬の11番人気のアポロフェニックスがはいりました。

うまのり結果
1着 エーシンヴァーゴウ◎
2着 エーブダッチマン○
3着 アポロフェニックス▲
4着 シャウトライン△
△アポロドルチェ13着

的中馬券
馬連配当 ¥1,410-
3連複配当 ¥11,870-

レース傾向と配当
やはり今年も牝馬が制した。1番人気エーシンヴァーゴウ(牝4、小崎)が好位から後半力強く脚を伸ばし、2着エーブダッチマンとの追い比べを制して3連勝で重賞初制覇を飾った。これで牝馬は7年連続勝利となった。時計は53秒8。福永騎手が内枠から徐々に外に出して冷静に導いた。2着との差は1馬身3/4。さらに1馬身3/4差の3着にはアポロフェニックスが入った。
 馬連(3)(12)1410円、馬単(3)(12)2180円、3連複(3)(12)(13)1万1870円、3連単(3)(12)(13)4万5750円。

レース後コメント
1着 エーシンヴァーゴウ 福永祐一騎手
「内枠がどうかと思いましたが、芝は内外関係なくいい状態でしたし、ゲートを出たなりでレースをしようと思いました。スタートから出して行くとかかる馬なので、自分のペースで行き、ラスト2ハロンに賭けました。今日は馬の状態もよかったです。以前からいいモノを持っていましたが、気性が難しい馬でした。厩舎で根気よく矯正してくれていましたから、何としても勝ちたいレースでした」

2着 エーブダッチマン 石橋脩騎手
「どこかで息を抜けるかがポイントだと思っていたけど、上手に走ってくれた。最後も止まってない」

3着 アポロフェニックス 柴田善臣騎手
「ここまでの臨戦課程がよかったですし、直線競馬にもうまく対応してくれました」

4着 シャウトライン 中舘英二騎手
「馬の状態がよかったですし、ブリンカーも効いています。よくがんばってくれました」

5着 ジェイケイセラヴィ 江田照男騎手
「今日は気の悪さを出さずに、最後までがんばってくれました」

7着 セブンシークィーン 太宰啓介騎手
「テンのスピードは速いのですが、持ち時計がないぶん厳しかったですね」

9着 マヤノロシュニ 松岡正海騎手
「テンも速いですし、よくがんばっています」

2011.7.17アイビスサマーダッシュ
[ 2011/07/18 00:12 ] 万馬券的中! | TB(1) | CM(2)
FC2カウンター
カテゴリ
プロフィール

うまのり万馬券

Author:うまのり万馬券
愛するお酒2013.3.27ちょい変更:
最近は日本酒にはまってます!
日本酒好きな方、よろしくどーぞ^^
◎日本酒(特に一本義久保本店の伝心(純米酒)は最高!
○スコッチウィスキー
▲ウォッカ!

出身校:
馬鹿田大学 馬工学部 
JRA経営学科卒業

好きな馬:
◎エフティマイア
○トウカイテイオー
▲ミホノブルボン

我が心の師匠:
アントニオ猪木

好きな言葉:
・勇気をもって挑戦しろ!
・熱いハートを常に持て!
・品質管理、むだらりの法則、
 PDCAサイクル 戦略、行動、反省、再行動!
(Plan Do Check Action!)
・人生1回きり、悔いのないように生きろ!
・モノは考えよう、常に楽観的になれ!

人気ブログランキング
無料!人気競馬予想サイト
競馬予想D 他の競馬予想も見る
アクセスランキング!
Rakuten
楽天トラベル
ランキング参加


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。