FC2ブログ
マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 500

紹介文:暦を応用した画期的な方法により、
だん数字を導き出す!
だん数字に導かれた馬が
まさかまさかの展開に心震える!
あなたの的中馬券のサポートをします!

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

ランキング参加

FC2カウンター
カテゴリ
プロフィール
だん数字発表予定表
Rakuten

菊花賞 結果

2011/10/24 10:42:42 | 的中、データ検証 | コメント:0件

まずは、オルフェーヴル、池添騎手、本当におめでとうございます!
史上7頭目の3冠馬の誕生ですね。
オルフェーヴルの強さは3歳ではやはりずば抜けていました。
今後、古馬との対戦が見ものです。
馬券は馬連的中のみとなりましたが、よしとしましょう。

<うまのり結果>
1着オルフェーヴル ◎
2着ウインバリアシオン △ 
3着トーセンラー ×
○フレールジャック 10着
△サダムパテック 5着
△ショウナンマイティ 8着
×フェイトフルウォー 7着
×ハーバーコマンド 4着(おしかった、3着になれば3連複的中であった!)

<レース展開と配当>
史上7頭目の3冠馬が誕生した。単勝1・4倍と断然の1番人気に支持されたオルフェーヴル(牡、池江)が、直線で堂々と先頭に立つと最後は手綱を押さえる余裕を見せて圧勝。2着ウインバリアシオンに2馬身半差をつけた。池添謙一騎手は「ホッとしました」と第一声。「プレッシャーがかかっていたし、負けられないと思っていた。返し馬のリズムもよくて完璧だと。後ろの馬に差されることは考えられなかったので、前を射程圏に入れて最終コーナーへ。自信を持って乗りました」と笑顔を見せた。残り100メートルではターフビジョンに目をやる余裕さえあった。3着にはトーセンラーが入った。
 皐月賞、ダービー、菊花賞を勝った3冠馬は41年セントライト、64年シンザン、83年ミスターシービー、84年シンボリルドルフ、94年ナリタブライアン、そして05年のディープインパクト以来。シンボリルドルフが死んだ年に、新たな3冠馬が誕生した。
 払戻金は馬連(13)(14)330円、馬単(14)(13)400円、3連複(1)(13)(14)1050円、3連単(14)(13)(1)2190円

<レース後コメント>
1着 オルフェーヴル 池添謙一騎手
「とにかくホッとしました。中間の報道で三冠濃厚という記事がたくさんありましたからね。今日は返し馬からいいリズムで、道中で使うブレーキの確認もできました。レースでは3コーナーの下りに注意しました。道中はずっと折り合いを欠いていましたが、前走の神戸新聞杯の経験が生きましたね。最後、後ろから差されることはないと思っていたので、前の馬を見ながら自信を持って行きました。直線は抜けても止まることはないと思っていたので、勝ちを確信しました。本当に強いですね。夢が広がります

2着 ウインバリアシオン 安藤勝己騎手
「オルフェーヴルに勝つなら、内容にこだわっていくしかないと考えてレースに臨みました。でも4コーナーで離されてしまいました。最後は何度も詰まりながらよく伸びています。この馬はまだ成長途上ですし、これからもっと力をつけてくれると思います

3着 トーセンラー 蛯名正義騎手
本当によくがんばってくれました。4コーナーまでは万全で、うまくオルフェーヴルの後ろにつけることができました。3コーナーの坂で勢いをつけて、という作戦でしたが、この勝ち時計は速いですね。でも、この馬はまだまだよくなりますよ」

4着 ハーバーコマンド 木村健騎手
「もっと馬を出して行くつもりでしたが、ゲートで少し難しい面を見せたので、あの位置からになりました。道中も少し折り合いを欠いていましたし、ポンと出ていればもっと上の着順を狙えたと思います

6着 ゴットマスタング 国分恭介騎手
「格上挑戦でしたが、最後はいい脚を見せてくれました。4コーナーで詰まる不利がありましたが、あれがなければ5着はあったかもしれません」

7着 フェイトフルウォー 柴田善騎手 
「この展開は予想通り。馬も良くなっていましたが…。」

8着 ショウナンマイティ 武豊騎手 
「思い切った競馬をしましたが、この馬には距離が長かった。」

9着 ユニバーサルバンク 田辺騎手 
「最初はポジションを取りに行けましたが、最後は切れ味の差ですね。」

10着 フレールジャック 福永騎手 
「すごく出来は良かった。1周目はペースを落とせましたが…。距離は長いと思うけど、以前より折り合いはつきました。」

11着 ロッカヴェラーノ 川田騎手 
「ずっとハミをかみっぱなしでした。」

12着 ルイーザシアター 岡部誠騎手 
「気合が乗っていてハミ掛かりが良かった。最後はフラフラで。」

13着 スーサングレート 和田騎手
「4コーナーまでいい感じでしたが、距離もあるのかも。よく走っています。」

15着 ダノンマックイン 小牧騎手 
「逃げ馬のペースにつられてしまい、スタミナを生かす競馬ができなかった。失敗です。」

16着 ダノンミル 浜中騎手 
「2000メートルの平たんぐらいがベストの印象。2周目の3コーナーで余力がなかったです」

17着 ベルシャザール 後藤浩輝騎手
「前半から折り合いを欠いて、舌を巻き込むような形になり、向正面でガス欠になってしまいました。状態がよくなっていただけに残念です」

18着 サンビーム 秋山騎手 
「返し馬からだいぶイレ込んでいました。」

3冠馬オルフェーヴル
オルフェーヴル菊花賞


 
関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://umanoriroad.blog.fc2.com/tb.php/1014-d876f7ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

オルフェーヴル文句無しの圧勝で菊花賞制覇!史上7頭目の三冠馬誕生だ!

2011年の牡馬クラシック第3戦・第72回菊花賞(GI・芝3000m)が23日、京都競馬場にて行われました。「最も強い馬が勝つ」と言われているこのレース、今年は皐月賞・ダービーの2冠を制
  1. 2011/10/24(月) 22:34:50 |
  2. 日刊魔胃蹴

今週は稼ぐぞ!先週の結果&レース回顧 菊花賞は3連単的中もガミ……

富士S 【−−−】【−1−】着候補 菊花賞 【◎△○】【111】着候補 3連単2,190円・ワイド740円的中♪ 【先週の成績】 参加レース数2⇒的中レース数1 本 ...
  1. 2011/10/24(月) 11:03:02 |
  2. わがまま♪新馬券生活!!