FC2ブログ
ランキング参加

FC2カウンター
カテゴリ
プロフィール
Rakuten

ジャパンカップダート うまのり結果

2011/12/05 10:28:34 | 回顧、データ検証 | コメント:0件

<うまのり結果>
痛恨のポカミス、なぜかワンダーアキュート9番入れてなし><

1着 トランセンド △
2着 ワンダーアキュート ◎
3着 エスポワールシチー △

△ ソリタリーキング 8着
△ テスタマッタ 12着
△ ニホンピロアワーズ 9着
△ ダノンカモン 5着
△ ヤマニンキングリー 7着
 
<レース展開と配当>
史上初の連覇達成だ! 1番人気に推されたトランセンド(牡5、安田)が、大外枠から強引にハナを奪うと、そのまま絶妙のペースに落とし、直線では2着争いを尻目に、後続に2馬身差をつけて完勝した。勝ちタイムは1分50秒6。
 藤田騎手は「とりあえず行って負けたら仕方ないという、それくらいのデキだと聞いていた。思い切ったレースをしたし、行ってしまえば何とかなると思った。1番人気にこたえてくれてホッとしている」と話していた。2着はスタートで後手を踏みながら追い込んできたワンダーアキュート、3着が2番人気のエスポワールシチーだった。
 馬連(9)(16)は1750円、馬単(16)(9)は2180円、3連複(6)(9)(16)は920円、3連単(16)(9)(6)は6180円。

<レース後コメント>
1着 トランセンド 藤田伸二騎手
「とりあえず、1番人気に応えられてホッとしています。ここ2戦は2番手からの競馬をしましたが、やはり逃げた方がこの馬の力を発揮できると思い、今回16番枠でしたけど、迷わず行こうと決めていました。大外枠からだったので、ロスもありましたが、行けた時点で勝てると思いました。この一年よくがんばってくれましたし、最後に大きいところを勝ててよかったです。来年もまたがんばります」

安田隆行調教師のコメント
「枠が16番と決まったときに『どうなのか?』という不安もありましたが、終わってみれば本当に強い競馬でした。レース前に藤田騎手から『逃げた方がいい』という話を聞き、彼がそう言うならと信じて見ていました。実際、逃げたことを確認し、道中のペースもよかったので、『やったな』と思いました。この一年よく走ってくれましたが、本当に強くなっています。来年はフェブラリーSからドバイへと向かいますが、ぜひドバイでも勝ちたいと思います」

2着 ワンダーアキュート 和田竜二騎手
「ゲートの中でも硬くなっていましたし、出てからもリラックスできませんでした。ペースが遅いので動くに動けず、内を通るしかありませんでした。それでも最後はよく来てくれました

3着 エスポワールシチー 佐藤哲三騎手
「状態も徐々に戻ってきましたし、すごくいい競馬ができました。勝負しに行って、4コーナーでは勝てるかなという手応えでしたが、相手が上でした」

4着 ラヴェリータ 武豊騎手
「スタートで躓きましたが、あとは完璧に乗れました。やりたいレースができましたし、よくがんばっています。いい引退レースになったと思います」

5着 ダノンカモン 福永祐一騎手
「イメージ通りのレースができましたが、最後は苦しがって内にモタれていました。久々のコーナー4つの競馬にもうまく対応してくれましたし、2着はあるかと思ったのですが……」

6着 ミラクルレジェンド岩田騎手 
「さばき切れなかった。うまくさばけていたら、もっと着順も上だったと思う。」

7着 ヤマニンキングリー デムーロ騎手 
「4コーナーでの手応えは良かったけど、最後は伸びなかった。なぜだか分からない。」

8着 ソリタリーキング メンディザバル騎手 
「内枠を生かした競馬をしてほしいとのオーダーだった。直線で伸びていたが、最後はいっぱいになった。」

9着 ニホンピロアワーズ 酒井騎手 
「積極的な競馬をしようと思っていた。まだ馬込みに気を使っているがいい経験になった。」

10着 バーティバーディ プレブル騎手 
「最後に行き場がなくなったのが残念。いい馬だし、次はチャンスがあると思う。」

11着 マカニビスティー 藤岡佑騎手 
「体調が良かったし、内へ行こうと思ったけどゴチャついていたし外へ。ダートの重賞なら能力的にやれそう。」

12着 テスタマッタ 四位騎手 
「今日もゲートが悪かった。向正面で少し息が入れば良かったが…。」

13着 フリソ ルメール騎手 
「この馬にはペースが速すぎて、向正面でついていけなくなった。」

14着 ダイショウジェット 柴山騎手 
「現状は1400メートルや1600メートルがいい。少し距離が長かった。」

15着 トウショウフリーク 池添騎手 
「行ければ行こうと思ったけど、外の馬が行ったから控えた。最後は手応えがなくなったけど、まだこれからの馬。」

16着 エイシンダッシュ 小牧騎手 
「砂をかぶると嫌がっていた。相手も強かった。」

関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://umanoriroad.blog.fc2.com/tb.php/1057-200a4fd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

俺が真のダート王だ!トランセンドが史上初のJCダート連覇!

秋の3大ダートGIシリーズの第2弾・第12回ジャパンカップダート(GI・1800m 16頭立て)が4日、阪神競馬場で行われました。今年も外国勢不在、日本馬の16頭で争われ、現在のダート王で...
  1. 2011/12/05(月) 19:16:18 |
  2. 日刊魔胃蹴

今週は稼ぐぞ!先週の結果&レース回顧 鳴尾記念・ジャパンカップダートとW的中♪

ステイヤーズS 【−−−】【3−−】着候補 鳴尾記念 【◎▲×】【111】着候補 単勝・枠連的中♪ ジャパンカップダート 【◎×−】【113】着候補 馬単・ワイド的中♪ ...
  1. 2011/12/05(月) 11:33:47 |
  2. わがまま♪新馬券生活!!