FC2ブログ
マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 500

紹介文:暦を応用した画期的な方法により、
だん数字を導き出す!
だん数字に導かれた馬が
まさかまさかの展開に心震える!
あなたの的中馬券のサポートをします!

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

FC2カウンター
カテゴリ
プロフィール
ランキング参加

Rakuten

中山金杯 うまのり結果

2012/01/06 09:31:32 | 回顧、データ検証 | コメント:0件

<うまのり結果>
1着 フェデラリスト △
2着 ダイワファルコン △
3着 コスモファントム 無印

◎エーシンジーライン 4着
△アドマイヤコスモス 16着
△エクスペディション 5着
△エオリアンハープ 7着

ということで、残念でした。
上位3着は今後も楽しみになってきました。
とくにフェデラリストはようやく能力開花したようです。
コスモファントムは前回勝たせてもらったんですが、
今回は切ってしまってすいません^^
やはりフロックではないようです。

<レース展開と配当>
蛯名騎乗の2番人気フェデラリスト(牡5、田中剛)がダイワファルコンとのたたき合いを首差制して優勝。3連勝で重賞初勝利を飾った。勝ちタイムは1分59秒4。2着はダイワファルコン、3着はコスモファントム。
 ハナに立ったエーシンジーラインの淡々とした流れでレースは展開。中団につけたフェデラリストは3コーナーから外を回って上位に進出。ダイワファルコンと一緒に馬群を抜け出すと、最後は蛯名騎手のムチに応えてスッと首差離して先頭でゴール。条件戦を連勝しオープン入り初戦で重賞勝利をつかんだ。蛯名騎手は「血統的にも楽しみにしていた馬。期待通りによく頑張ってくれた。最後は強かったね」と笑顔だった。同騎手も中山金杯は初勝利、この日3勝で2000勝まであと9勝となった。「金杯は年明け最初の重賞なので勝ちたいなあと思っていたが、なかなか縁がなかったのでうれしい。1年間無事に競馬に参加し、1勝ずつ積み重ねていきたい」と話していた。
 馬連(11)(12)は2560円、馬単(12)(11)は4340円、3連複(6)(11)(12)は7960円、3連単(12)(11)(6)は4万2360円。

<レース後コメント>
1着 フェデラリスト(蛯名騎手)
素質は本当に素晴らしいものがありますから、期待はしていましたが、さすがに今日は歴戦の強者が相手ですから胸を借りるつもりで臨みました。道中は非常にいい雰囲気でしたし、本当に強い競馬をしてくれました。今年この後、とにかく頑張ってもらいたいと思います」

(田中剛調教師)
「レースを使って休ませるごとに休ませる前の状態に回復する“超回復”をしてきた馬で、それだけ成長しているんでしょう。とにかく前回のレースを勝ってオープン入りした時に涙が出るほど嬉しかったんですが、ここまで勝てるとは、預けて頂いたオーナーを始め関係者には感謝の気持ちで一杯です」

2着 ダイワファルコン(北村宏騎手)
「これで負けたら相手が強かったというしかないくらい、いいパターンで運べたのですが、残念です」

3着 コスモファントム(丹内騎手)
「よく頑張ってますし、直線でも前が空いていい脚を使っているんですが、一瞬の切れの差でしょうか。でも57.5キロを背負ってよく頑張ってくれています

4着 エーシンジーライン(田辺騎手)
「感じは良かったです。4コーナーでゴーサインを出した時の手応えも良かったですし、この馬が止まってしまった訳ではありません」

5着 エクスペディション(浜中騎手)
「前回のレースより状態も良く、落ち着いていましたし、反応もしてくれています。輸送もこなしましたし、近いうちに重賞を勝てる馬だと思います

6着 ネオヴァンドーム(中舘騎手)
1600~1800メートルを使ってきて距離を延ばしたので多少掛かる感じはあったが、最後までしっかり走ってくれた。能力の高さを感じました。」

7着 エオリアンハープ(木幡騎手)
「ちょっと体が立派でしたね。ゲートはしっかり出てくれました。」

8着 トップゾーン(丸田騎手)
「いい感じで思った通りのポジションを取れたんですが、アドマイヤコスモスが下がって来た時に避け切れず下がってしまいました。あのまま行けていれば、ダイワファルコンの後ろでしたから悪くても3着はあったと思います。もったいないレースでした」

9着 ネオサクセス(吉田豊騎手)
「ああいう枠なので腹を決めて乗りましたが、不発でした。道中で他馬がまくって隊列が短くなればと思ったんですが…。」

10着 イケドラゴン(江田照騎手)
「自分の競馬に徹しようと思い、前々の競馬ができた。ただ、瞬発力勝負では分が悪かったね。」

11着 ミステリアスライト(藤田騎手)
「スタート後に他馬と接触したので、スッと前に行けなかった。」

12着 ネヴァブション(後藤騎手)
「今日は動けずに終わったが、馬の気持ちは死んでませんよ。けがを乗り越え、無事に回ってきたことにホッとした。」

13着 アクシオン(柴田善騎手)
「稽古の動きは良かったし状態も良かった。以前に金杯を勝っていますが、馬体が増えていたから時期が合わないのか…。」

15着 デストラメンテ(吉田隼騎手)
「指示通りに前々へ行けて、3角でも手応えはありました。ただ勝負どころで対応できなかった。これで目覚めれば。」

16着 アドマイヤコスモス(上村騎手)
「返し馬では普通でしたが、2コーナーに入る時に硬さを感じ、3コーナーでは、まずいなという感じでした。右前脚を故障してしまったようです」

関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する