FC2ブログ
マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 500

紹介文:暦を応用した画期的な方法により、
だん数字を導き出す!
だん数字に導かれた馬が
まさかまさかの展開に心震える!
あなたの的中馬券のサポートをします!

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

ランキング参加

FC2カウンター
カテゴリ
プロフィール
だん数字発表予定表
Rakuten

オークス各ジョッキーコメント

2010/05/24 15:46:15 | 回顧、データ検証 | コメント:0件

今年のオークスは歴史的な一幕に終わりました。 G1史上初の同着決着となりました。 アパパネ、サンテミリオン本当におめでとう。 蛯名騎手、横山騎手本当におめでとうございます。 横山騎手、ひょっとして、来週のダービーも狙ってますか? 今年は のりにのってますねグッド(上向き矢印) <アパパネ=1着> 今年のオークスはG1史上、初めて1着同着という感動的な結末が待っていた。桜花賞に続く牝馬2冠を達成したアパパネ(美浦・国枝)は、中団の外でピタリと折り合うと4角を抜群の手応えで上昇。坂下で先に動いたサンテミリオンを目標に外から追い込んできた。蛯名騎手は「距離だなんだって言われている中、馬場もこなしてくれたし、本当に頑張ってくれた」と興奮冷めやらぬ様子だった。 <サンテミリオン=1着> サンテミリオン(美浦・古賀慎)は、父ゼンノロブロイが成し遂げられなかったクラシック制覇の第1号となった。中団の外でアパパネにマークされる形で直線へ。坂下で先に動いてアグネスワルツをかわし先頭に立つと、迫ってきた桜花賞馬を差し返す勝負根性も見せた。横山典騎手は「4角を回った時、後ろにいるのはわかっていた。あとは自分の馬がどれだけ伸びるかだった。本当によく頑張ってくれた」と笑顔だった。 <アグネスワルツ=3着> 2番手追走から直線抜け出したアグネスワルツが3着に粘った。「前走と同じ。かわされてからしぶといんだけど」と柴田善騎手。宮本師は「よく走ってくれた」と目を真っ赤にして話した。今後は放牧に出され、秋は1戦してから秋華賞を目指す。 <アプリコットフィズ=6着> 4番人気アプリコットフィズは坂の途中で先頭をうかがう勢いだったが、最後は力尽きて6着に終わった。四位騎手は「内枠を引いたときはしめしめと思ったんだけど、この天気では逆につらかった。直線は内をうまく抜けられたけど残り300メートルで脚が鈍ってしまったね」と残念そうに話した。 <ショウリュウムーン=17着> 2番人気のショウリュウムーンは道中3番手と積極策を取ったが、直線はまったく伸びず17着。内田騎手は「下がゆるくて、ノメりながら走ってた。結果が出せなくて残念です」と無念の表情を浮かべた。 <オウケンサクラ=5着> 3番人気オウケンサクラは直線差を詰めたものの5着。安藤勝騎手は「馬場の外が伸びているから、前にいかないで中団くらいでいいと思った。勝負どころで上位2頭の内にいて出られなかった。先に動けていればなあ」と悔しそうな表情を浮かべた。 <アニメイトバイオ=4着>後藤騎手 このくらいは走れる馬。もう少し流れに乗ってレースができたら良かったんだけどね。  <ブルーミングアレー=7着>松岡騎手 直線で挟まれ針路を取り直した。あれだけ走っているんだから不利がなかったらね。  <モーニングフェイス=8着>藤岡佑騎手 うまく流れに乗れた。3歳春でこれだけ乗りやすい馬は珍しいんじゃないかな。  <タガノエリザベート=9着>川田騎手 スムーズな競馬ができたし手応えもあったが最後は脚が上がっていたね。  <ギンザボナンザ=10着>池添騎手 この緩い馬場で切れがそがれた。  <シンメイフジ=11着>岩田騎手 1角で下げたのが裏目だった。もう少し積極的なレースをすれば良かったかな。  <トレノエンジェル=12着>戸崎圭騎手 素質は感じました。今回のレースがいい経験になるはずです。  <プリンセスメモリー=13着>勝浦騎手 距離が長いのと馬場の悪い所を通らされたからね。  <エーシンリターンズ=14着>福永騎手 馬場のいい所を走ったが勝った馬にあっという間に行かれた。  <コスモネモシン=15着>石橋脩騎手 いい枠だったから無理に動かずジッとしていた。ただスタート直後に落鉄していた。  <ステラリード=16着>三浦騎手 状態が良かったせいか、馬が行く気になってハミをかんでしまった。  <ニーマルオトメ=18着>北村宏騎手 ブリンカーが効いていい感じで走れた。自己条件なら勝ち負けの競馬ができると思います。 (日刊スポーツ)
関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する