FC2ブログ
マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 500

紹介文:暦を応用した画期的な方法により、
だん数字を導き出す!
だん数字に導かれた馬が
まさかまさかの展開に心震える!
あなたの的中馬券のサポートをします!

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

ランキング参加

FC2カウンター
カテゴリ
プロフィール
だん数字発表予定表
Rakuten

中山牝馬ステークス 回顧

2011/04/04 11:48:29 | 回顧、データ検証 | コメント:0件

日経賞とは対照に大荒れとなりました。 驚いたのは、福永騎手が一日で重賞2レース制覇。 G1の1レース分以上の獲得賞金ではないでしょうか。 昨日の重賞2レースもなんと全2着。 福永騎手の週末となりました。 2着に食い込んだ超穴馬のフミノイマージン、小林騎手自身が驚くくらい、 すごい脚で突っ込んできました。これはびっくりしました。 (ラジオNIKKEIより以下) 1着 レディアルバローザ(福永騎手) 「返し馬がいい感じで、今日はいける、と思いました。スタートは良かったのですが、馬群の中に入れて行きました。ラストの脚は他馬と違い過ぎましたね。この決め手があればGIでも楽しみです」 (笹田調教師) 「こんなに早く重賞を勝てるとは思っていなかったので嬉しいです。返し馬が良かったと騎手も言っていましたし、自信を持って乗ってくれたのではないでしょうか。準オープンの身でこのレースにうまく出られた運もありましたね。この後はヴィクトリアマイルを目標にしていきます」 2着 フミノイマージン(小林徹騎手) 「タメて行けば終いは伸びると聞いていましたが、ビックリするくらいのいい脚を使ってくれました。重賞でこれだけやれたのですから、今後が楽しみです」
関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する