FC2ブログ
マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 500

紹介文:暦を応用した画期的な方法により、
だん数字を導き出す!
だん数字に導かれた馬が
まさかまさかの展開に心震える!
あなたの的中馬券のサポートをします!

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

FC2カウンター
カテゴリ
プロフィール
ランキング参加

Rakuten

皐月賞 回顧

2011/04/25 14:00:33 | だんの最終決断 | コメント:0件

池添騎手は悲願のクラシック初制覇となりました。 オルフェーヴルは左回りもなんのそのでしたね。 やはり実力は相当なものを感じました。 サダムパテックもいい脚を使ったと思いますが、残念でしたね。 ダービーに向けて、各馬順調にいってほしいものです。 3着に食い込んだダノンバラード、武豊の騎乗がやはりうまかったのか、 内枠も利をなしたか、さすがでした。 期待していた、フェイトフルウォーは直線最後では失速、というか、 他馬の脚のほうが圧倒的で惨敗でした。 上位3頭はやはりずば抜けているように思えました。 それでは、レース後のジョッキーコメントを (ラジオNIKKEIより以下) 1着 オルフェーヴル(池添騎手) 「男馬のクラシックはまだ取らせてもらっていませんでしたから、この馬とずっとコンビを組んできて、この馬と取れたらいいなと思っていました。今日はオルフェーヴルのお陰です。直線に向いた時にはギリギリ1頭分のスペースでしたが、しっかり抜けてくれて、今まで教えて来たことが実を結びました。左回りも大丈夫と思っていましたから、僕は全然気にしていませんでした。兄(ドリームジャーニー)はクラシックを取れませんでしたが、弟がしっかり取ってくれて、強い馬です。次はダービーだと思います。順調に行って欲しいですね」 2着 サダムパテック(岩田騎手) 「スタートは元々良くないので、これくらいならいいです。すぐ内に入れてうまくレースを運べましたが、もう一列前で競馬をしたかったです。馬場は気にしていませんでした。勝ち馬とはゲートの差でしょうか」 3着 ダノンバラード(武豊騎手) 「理想的なレースが出来ました。次に向けて明るい内容でしたし、ダービー頑張ります」 4着 デボネア(佐藤哲騎手) 「歓声に反応したりしなかったり、その辺りもうまく対応出来ました。あの馬場でこれだけの脚を使ってくれたのですから、やっぱり力がありますね」 5着 ナカヤマナイト(柴田善騎手) 「下が緩いのを気にしていて、背中が伸びたまま走っていました」 7着 トーセンラー(蛯名騎手) 「外枠であれ以上は行けませんでした。直線はスタンドの方を気にして物見して、まともに追えませんでした」 11着 ベルシャザール(安藤勝騎手) 「自分でペースを作るつもりで2番手に行きましたが、4コーナーでは手応えがなくなってしまいました」 (日刊スポーツより以下) <ロッカヴェラーノ=6着>吉田豊騎手 スタートが速くなかったので折り合いに専念。いい競馬はできている。  <トーセンラー=7着>蛯名騎手 外枠だしあれ以上は内に入れない。震災の影響を考えればよくやっている。  <エイシンオスマン=8着>後藤騎手 4角ではこのペースなら思ったが…。中山なら面白かったかも。  <プレイ=9着>松岡騎手 外枠だから行かないと一発ないと思っていた。左回りでもたれていたが馬はだいぶ良くなった。  <ステラロッサ=10着>川田騎手 内枠だったので前々に行ったが、出していった分、掛かった。  <フェイトフルウォー=12着>田中勝騎手 馬はものすごく良かったが、この枠ではどうしても1角までに脚を使う。うまく立ち回ったけど。  <ダノンミル=13着>内田騎手 いい位置だったが、4角で手応えがなくなり下がる一方だった。  <カフナ=14着>丸山騎手 いつもよりテンションが上がって出負けしてしまった。右回りの方が良さそう。  <ノーザンリバー=15着>四位騎手 位置が後ろになってチグハグな競馬に。リズムを取れず終わってしまい馬に申し訳なかった。  <オールアズワン=16着>藤田騎手 折り合いはついたが、この枠では内に入れないから。  <ビッグロマンス=17着>北村宏騎手 最後は脚がなくなった。現状では芝はつらいのかな。  <リベルタス=18着>横山典騎手 まだ芯が入り切っていない感じ。こういう馬場で脚を取られたのもこたえたかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する