FC2ブログ
マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 500

紹介文:暦を応用した画期的な方法により、
だん数字を導き出す!
だん数字に導かれた馬が
まさかまさかの展開に心震える!
あなたの的中馬券のサポートをします!

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

FC2カウンター
カテゴリ
プロフィール
ランキング参加

Rakuten

シンボリルドルフ 天国へ

2011/10/04 16:59:31 | JRAニュース | コメント:0件

無敗の3冠馬のあのシンボリルドルフが永眠いたしました。
当時私が小学生ぐらいだったでしょうか、初めて競馬の世界をニュースで知った馬が
シンボリルドルフでした。
あの強さは半端じゃなかったようです。
ルドルフの息子がトウカイテイオーです。
本当にお疲れ様でした。

ヤフーより
JRAは4日、84年の3冠馬シンボリルドルフ(牡)が死亡したと発表。30歳だった。

 8戦全勝で史上初の無敗3冠馬となったシンボリルドルフは、その後も圧倒的強さでファンを魅了。“皇帝”の愛称で親しまれた。通算成績は16戦13勝。

 現役引退後は北海道門別町のシンボリ牧場にて種牡馬として供用され、種牡馬引退後は、千葉県成田市のシンボリ牧場にて繋養されていた。

 シンボリ牧場は和田孝弘代表は「この2、3日やや体調を崩しており、昨夜(10月3日)午後8時頃、体に震えが走るような状態になったので、獣医師が栄養剤を投与するなどして様子を見守りましたが、残念ながら本日(10月4日)午前3時、眠るようにしてこの世を去りました。最期は大往生だったかと思います。強かったルドルフの姿は、私だけではなく、競馬ファンの皆様の心の中にこれからも生き続けてくれると思います。とにかく今は、心から“ありがとう”という気持ちで一杯です」。

 ルドルフの全レースで手綱を取った岡部幸雄元騎手は「元気だと聞いていただけに、今朝報せを聞いてとても残念に思いました。思い出はたくさんありすぎて一言で表すのは難しいですが、“自分の人生の一部”とも言える馬でした。お疲れ様でしたという気持ちとともに、ゆっくり休んでくださいと言いたいです」とコメントした。

関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する